またまたレスター戦の判定が議論呼ぶ 元審判員「ルーニーもフェライニもフートも退場になるべき」

主審に注目が集まる結果に

主審に注目が集まる結果に

退場処分となったドリンクウォーターphoto/Getty Images

4月17日に行われたレスター・シティとウェストハムの一戦もジェイミー・バーディの退場など判定に注目の集まる試合だったが、今節のマンチェスター・ユナイテッド戦も主審の判定に疑問の声が挙がっている。

最も目立ったのはマルアン・フェライニとロベルト・フートの競り合いだろう。フートはフェライニを抑えようと髪の毛を引っ張り、フェライニはそれを振り払おうと肘を突き出しており、退場者が出てもおかしくない危険なプレイだった。

さらに、後半にはダニー・ドリンクウォーターがメンフィス・デパイを後方から倒して退場処分となったが、それと同様にデマライ・グレイを後ろから引っ張って倒したウェイン・ルーニーも退場になるべきだったとの意見もある。

英『Daily Mail』によると、元審判員のグラハム・ポール氏もこれらの判定に疑問を感じており、フェライニ、フート、ルーニーも退場になるべきだったと持論を展開した。

「残念ながら主審のマイケル・オリバーは見逃してしまったが、フェライニとフートの行為は明らかに暴力的だった。両者とも退場になるべきだったと思うね」

「リンガードをシンプソンが止めたプレイでは、シンプソンが腕を使ってリンガードを止めたように見えたが、ゴール裏からのリプレイを見る限りではリンガードも腕を使っていた。オリバーは五分五分の接触だったと見たのだろう。しかし、ルーニーの件には賛同できない」

「ルーニーはすでに1枚警告を受けていたが、マンUゴールに向かうグレイを引っ張った。ルーニーがピッチに残れたのは幸運だったよ。そして皮肉なことに、同じようなファウルでドリンクウォーターが処罰されてしまったんだ」

ルーニーの行為はボールとは関係のないところだったが、マンUゴールに向かうグレイを明らかに後方から倒していた。ルーニーの退場がスコアに影響したかは分からないが、レスターとしては納得のいかない判定だっただろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ