本田起用法についてミランCEO「ザッケローニと話したが、彼は本田がプレイするのはいつもトップ下だと言ってた」

CEOも本田のトップ下起用を予測

CEOも本田のトップ下起用を予測

ミランで引き続き戦うことになりそうだ photo/Getty Images

彼はもう少しの間、“栄光の10番”を楽しむことができるかもしれない。少なくともミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは、本田圭佑がトップ下に適した選手だと断言している。

今季の前半戦はポジション確保に苦戦していた本田だったが、2016年に入って以降の奮闘ぶりは誰もが知るところだ。先日、クラブがチームの舵取り役をシニシャ・ミハイロビッチからクリスティアン・ブロッキへと交代させたことで、新たなポジション争いに臨まなければならないものの、この日本人MFがチームから放出されることはなさそうだ。ガッリアーニCEOのコメントを伊『Milan News.it』が伝えている。

「アルベルト・ザッケローニと話したんだが、彼は本田がプレイするのはいつもトップ下だと言ってた。本田はその役割にとてもマッチしてるし、ブロッキは彼をトップ下で使うよ。彼はヴェローナ戦では少なからず非難されるべき選手の1人だったがね」

「私は本田の移籍に関してはなにも話さない。彼は我々の選手だ。それについては来年また話そう。本田にはまだ我々との契約が1年残っている」

かつて日本代表を指揮したアルベルト・ザッケローニ監督による“トップ下のススメ”があったのだろうか。いずれにせよ、ガッリアーニ氏も本田は放出候補ではなく、ブロッキ政権下でトップ下を務めることになるだろうと予想している。あとは同僚のジャコモ・ボナベントゥーラやケビン・ボアテングといったライバルたちとの競争に勝ち、ゴールもしくはアシストといった結果を残せるよう期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ