リヴァプールのように応援してよ ヴェンゲルがサポーターに要求「リヴァプールの雰囲気は良い例」

苦しいときにこそ声援を

苦しいときにこそ声援を

サポーターに団結を求めるヴェンゲルphoto/Getty Images

今季もリーグを制することができなかったアーセナルの指揮官アーセン・ヴェンゲルには、厳しい逆風が吹いている。毎シーズンのようにトップ4フィニッシュで終えることにストレスを抱えているサポーターも多いだろう。しかし、ヴェンゲルは苦しいときにこそサポーターの声援が必要だと感じている。

英『METRO』によると、ヴェンゲルはリヴァプールのサポーターがアンフィールドで作り出す独特の雰囲気を見習うべきと感じており、辛いときにこそ一緒に戦う必要があるとサポーターに団結を要求している。

「アーセナルのサポーターがチームにフラストレーションを溜めているのは分かっている。だが、それでも 我々は彼らのサポートを求めているんだ。我々は失望を感じているが、戦わないといけない。一緒にね。リヴァプールのサポーターが作り出す雰囲気は良い例だよ」

リヴァプールの方がリーグ戦の順位ではアーセナルより下だが、それでもアンフィールドにはポジティブな空気が漂っている。ヨーロッパリーグ準々決勝でドルトムント相手に劇的な逆転勝利を収めたのも良い例で、リヴァプールはサポーターの声援を力に変えている理想的なクラブの1つと言えるだろう。その声援があるからこそホームでは負けないと絶対の自信を持つことが可能になり、来季はアーセナルサポーターもリヴァプールサポーターのように選手を後押しする雰囲気を維持し続けるべきだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ