バラックにルシオにゼ・ロベルト “強奪王”バイエルンを最強にした11人の「裏切り者」たち

レヴァークーゼンから多くの名手を獲得

レヴァークーゼンから多くの名手を獲得

かつてバイエルンでゴールを量産した名手だ photo/Getty Images

フットボールの世界では買う者と売る者が絶妙に共存するが、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンはやや“買いすぎている”かもしれない。

連日のようにメディアを騒がせているドルトムント主将マッツ・フンメルスのバイエルン入りは、もはや正式発表が目前だとされているが、ドイツの支配者による“強奪”は今に始まった事ではない。このたび英『Squawka』が、過去にバイエルンがブンデスリーガのライバルクラブから引き抜いてきた選手の中で、とりわけ印象的だった11人を選出。現在同クラブで世界最高のGKとして名を馳せているマヌエル・ノイアーや、2002年のW杯覇者ルシオ、そして元ドイツ代表のミヒャエル・バラックなど、錚々たるメンバーが顔を揃えている。もちろん“強奪”とはいえ、買う側は売る側の承諾を得ている立派なビジネスであり、売る側にも当然ながらメリットはある。しかし同時に、いかにドイツの国内クラブがバイエルンを“強くさせてきたのか”が分かる結果となった。

同メディアが選出した11人は次の通り。なお、()内はバイエルン移籍前の所属クラブとなっている。

【GK】

マヌエル・ノイアー(シャルケ)

【DF】

ダンテ(ボルシアMG)
ルシオ(レヴァークーゼン)
ロベルト・コバッチ(レヴァークーゼン)

【MF】

ルイス・グスタヴォ(ホッフェンハイム)
ゼ・ロベルト(レヴァークーゼン)
ミヒャエル・バラック(レヴァークーゼン)
マリオ・ゲッツェ(ドルトムント)

【FW】

マリオ・ゴメス(シュツットガルト)
ロベルト・レヴァンドフスキ(ドルトムント)
ミロスラフ・クローゼ(ブレーメン)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ