今季イエロー5枚の“温厚な”ぺぺが、6枚のネイマールに皮肉「彼の方がたくさん貰ってる」

ブラジル人アタッカーにチクリ

ブラジル人アタッカーにチクリ

もはや暴君にあらず? photo/Getty Images

彼は優等生へと変貌したようだ。もちろんそれはイエローカードの枚数と、“本人の証言”のみを基準に考えた場合だが。レアル・マドリードでプレイするポルトガル代表DFぺぺが、ライバルのバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールを、カードの枚数という観点で批判している。

2007年にポルトからレアルへとやってきたこのCBは、これまでに幾度も相手選手と揉め事を起こしており、“暴君”としてのイメージが定着。その激しいプレイと連動するかのように、彼は時折感情をコントロールできなくなってしまう。しかし33歳となったぺぺは自分よりもイエローカードを1枚多く提示されている人間をうまく見つけ出したようだ。『Surface』が同選手のコメントを伝えている。

「世間の人たちはそれぞれの言いたいことを言えばいい。でも俺よりもネイマールの方がたくさんイエローカードをもらってるけどね」

「レアルは手本となるべきクラブであって、もしも俺がクレイジーな選手だとしたらこんなに長くプレイすることは許されなかったはずだよ」

ぺぺは今季のリーガ20試合に出場し、5枚のイエローカードを受け、一方のネイマールは31試合で6枚となっている。このデータがぺぺの意見を正当化するに足るものかどうかは分からないが、両選手には今後も健全な対決を繰り広げていってほしいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ