さようなら男爵…… ヴォルフスブルクがベントナーとの契約を解除

無所属となったベントナー

無所属となったベントナー

無所属となってしまったベントナー photo/Getty Images

25日にドイツ・ブンデスリーガに所属するヴォルフスブルクは、2014年にアーセナルから移籍してきたデンマーク代表FWニクラス・ベントナーとの契約解除を発表した。

ヴォルフスブルクはベントナーとの契約を2017年6月まで残していたが、寝坊による練習の遅刻や素行の悪さが影響し、契約解除に踏み切ったようだ。同クラブのゼネラルマネージャーを務めるクラウス・アロフス氏は公式サイトを通じて「我々はニクラスとの契約に大きな期待を寄せていが、2年後の現在でも我々の期待が満たされることはなかった。その結果、今後も彼と契約をし続けることは困難という判断に至った」「我々にとってもニクラスにとっても、契約解除の早期判断は一番の選択肢だったと思う」と述べた。

ヴォルフスブルクとの契約解除により無所属となってしまったベントナー。かつて「オレが移籍するならレアルかバルサ」と発言し話題を呼んだが、来季の開幕までに無事所属先が決まるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ