まさにミラクル……今季レスター負傷回数はたった18! プレミアで最も“怪我の少ない”チームだった

プレミアで最も“健康な”チーム

プレミアで最も“健康な”チーム

念願のプレミア制覇に近づいている photo/Getty Images

彼らの快進撃は多くの優秀な選手や監督、そして“頼もしいサッカーの神様”によって支えられている。

イングランドプレミアリーグで首位を快走し、同リーグ制覇に大きく近づいているレスター。飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らだが、英『METRO』によると今季の怪我回数はわずか18で、これはプレミアリーグの20チーム中最も少ない数字となっている。つまり指揮官クラウディオ・ラニエリは、同リーグにおいて最も負傷離脱による人選の苦労に直面していない監督ということだ。ちなみにレスターの次に怪我が少ないチームはスウォンジー(23)で、逆に最も負傷に悩まされているのは豪華なメンツを揃えるマンチェスター・シティ(69)となっている。24日のスウォンジー戦ではレッドカードの影響によりジェイミー・バーディ抜きで試合に臨んだレスターだったが、4-0と見事な圧勝を披露。仮に19度目の負傷者が出たとしても、今の彼らにはそれを補うほどの計り知れないパワーがあるにちがいない。

なお怪我人の多いイメージが常に付きまとうアーセナルだが、同メディア統計によると今季の負傷数は37回となっており、これは同リーグにおいて7番目に少ない数字である。ハードなプレスと、迫力ある肉弾戦が毎度のように繰り広げられているプレミアリーグだけに、各クラブは今後もこの数字に悩まされる日々が続くことになりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ