香川がゴール&“セミアシスト”で大暴れ! 独紙「最高に快い仕事ぶり」「3点目もほぼ彼のアシスト」

今季8ゴール目をマーク

今季8ゴール目をマーク

この日も結果を残してみせた photo/Getty Images

香川真司の加速度的に高まるパフォーマンスは、留まる気配がない。この日本人アタッカーによる今季8得点目が生まれたのはチーム随一のテクニシャン、ヘンリク・ムヒタリヤンによる低弾道クロスからだった。

ドイツのドルトムントは23日、アウェイでシュツットガルトと対戦し、香川やクリスティアン・プリシッチ、そしてムヒタリヤンらのゴールによって3-0と完勝。このゲームで先発フル出場を果たした日本代表MFは、21分に左サイドを突破したムヒタリヤンからのパスを右足で合わせ先制点を奪ってみせた。その後も軽快な動きを見せると、多くのチャンスを演出し、チームの完封勝利に貢献。独紙『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』は貴重な先制ゴールを挙げた香川に“2.5”の評価を与え、次のように同選手の働きぶりを評した。

「この日本人は最高に快い仕事ぶりを見せた。左サイドから繰り出されたムヒタリヤンのクロスをゴールへと押し込むことは、さほど難しいことではなかった。しかしそれ以外にも非常に積極的で多くのアイデアを提示した。チームの3点目も、ほぼ彼のアシストによるものだ。香川が放ったクロスをラモスが頭で合わせたことで、ムヒタリヤンのゴールは生まれた」

もちろんゴールを挙げたことは賞賛に値するが、最近の香川はチームにおけるほとんどのゴールに何らかの関与を果たしている。ゴールやアシスト、そして“セミアシスト”を含め日本の小さな司令塔は今、抜群にノッている最中だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ