ロナウド&ロマーリオ&サビオラ越え! あの点取り屋が凄まじい記録を叩き出していた

早くも怪物を凌駕

早くも怪物を凌駕

怪物として恐れられたロナウド photo/Getty Images

実はこの男こそが真の怪物なのかもしれない。20日にリアソールで行われたデポルティボ戦を8-0と圧勝したバルセロナだが、同ゲームで一際輝きを放っていたのは4ゴールを叩き込んだウルグアイ代表FWルイス・スアレスだった。

2014年にイングランドのリヴァプールから破格の移籍金でバルサへと加入したこのウルグアイ人ストライカーは、今季の公式戦48試合に出場し49ゴールを挙げている。これは元ブラジル代表の“フェノーメノ”ロナウドが1996-97シーズンに同クラブで達成した公式戦47ゴールという記録を凌ぐもので、過去にこの数字を超えることができた人間は、隣にいるリオネル・メッシのみ。かつてバルサでプレイした元アルゼンチン代表のハビエル・サビオラは公式戦48ゴールを挙げるまでに172試合を要していたことを考えれば、いかにスアレスがハイペースに得点を稼いでいるかが分かる。またリーグ戦に限った統計では31試合出場で30ゴールを奪取しており、これに関しても1993-94シーズンに元ブラジル代表ロマーリオが成し遂げた33試合出場30ゴールという衝撃のペースを上回っている。

リオネル・メッシやネイマールという巨大な2つのキャラクターにより、“3人目”として認識されがちなスアレス。しかしその仕事ぶりは、常人の域をはるかに超えた偉大なものだった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ