まだやれるのに……アーセナルの天才パサーに“コーチ就任”オファー? あのライバルクラブからも

複数クラブが関心へ

複数クラブが関心へ

ベテランとして若手を引っ張るアルテタ(右) photo/Getty Images

彼は現役のプレイヤーだが、すでにコーチとしての依頼が殺到しているようだ。イングランドの名門アーセナルとの契約が今季限りで満了する元スペイン代表MFミケル・アルテタは、指導者の道へ進むことになるかもしれない。

バルセロナユース出身で2011年よりアーセン・ヴェンゲル監督の下でプレイしているアルテタだが、度重なる負傷離脱の影響もあり、いまだシーズンを通して本領発揮するには至っていない。仏『Foot mercato』によるとアーセナルのライバルであるトッテナムやマンチェスター・シティといったプレミアリーグのクラブが、アルテタに対しコーチ就任のオファーを提示しているようだ。中盤から精度の高いパスを提供し、ゲームをコントロールできるこの34歳のセンターハーフは、今季いっぱいでプレイヤーとしてのキャリアに終止符を打ってしまうのだろうか。

なお同メディアによるとアーセナルもアルテタが引退した後のコーチ就任を熱望しており、多くのクラブが“指導者としての才能”をかっている。かつてはレンジャーズやパリ・サンジェルマン、そしてレアル・ソシエダでもプレイしたこのスペイン人は今夏、華麗なるトラバーユを検討することになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ