チェルシーでの難しさを語るスコラーリ「ワールドカップを制することはできても……」

1シーズン持たずに解任の過去

1シーズン持たずに解任の過去

広州恒大で指揮を執るスコラーリ photo/Getty Images

かつてチェルシーを率いたこともあり、現在は広州恒大の監督を務めるルイス・フェリペ・スコラーリが来季からチェルシーの監督に就任するアントニオ・コンテに警告している。

過去ワールドカップを制し、実績十分の適任者として2008年にチェルシーの監督に就任したスコラーリ。しかし結果を残すことはできず、1シーズン持たずして解任の憂き目に遭っている。同氏はチェルシーでの仕事の難しさについて英『THE Sun』で語った。

「ワールドカップを制することや、EUROを制することはできても、チェルシーのようなクラブで重圧に対応することはできない。世界でもそのような場所は非常に少ない。プレミアリーグのようなリーグは世界のどこにもないからね。特にチェルシーは世界のどのクラブよりも期待値が高いんだ」

実績はありながらも、チェルシーで解任された監督はあとを絶たない。現在レスターで指揮を執るクラウディオ・ラニエリ監督もその一人だ。コンテはチェルシーで結果を残すことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ