大迫投入から23分で3ゴール! “大迫力”な攻撃を牽引した大迫にドイツ紙もチーム内最高評価

ポストプレイで存在感を発揮

ポストプレイで存在感を発揮

途中出場で流れを変えた大迫勇也 photo/Getty Images

ケルンFW大迫勇也がブンデスリーガ第30節マインツ戦で3試合ぶりの出場を果たし、ケルンの逆転勝利に貢献した。

4月3日に開催されたホッフェンハイム戦から2試合連続ベンチ外となっていた大迫だが、17日に行われた敵地でのマインツ戦には、ケルンが2点ビハインドで迎えた60分からMFミロシュ・ヨイッチと共にピッチに投入される。するとチームは64分にコーナーキックからMFマルセル・リッセが1点を返し、74分にもヨイッチがネットを揺らして2-2の同点。さらに大迫投入から23分後となる83分にはFWアントニー・モデストが逆転ゴールを決め、3-2で勝利を収めた。久しぶりに出場を果たした大迫も得点にこそ絡めなかったが、ポストプレイなどで存在感を発揮。ケルンの逆転劇に大きく貢献している。

独『Bild』による試合後の採点(1が最高点、6が最低点)では、得点を挙げたモデストやリッセに同試合の最高点となる「2」の評価。さらに60分から出場してケルンに勝利を呼び込んだヨイッチ、そして大迫勇也にも「2」が与えられた。また、60分に交代が告げられたDFドミニク・ハインツとFWジモン・ツォラーにはチーム最低点となる「5」の採点。この数字だけを見ても、次節は大迫が先発出場でピッチに立つ可能性も大いにあるだろう。

現在10位のケルンは次節、同勝ち点で11位につけるダルムシュタットをホームスタジアムに迎える。今季20試合に出場して1得点のみに留まっている大迫だが、今度は得点という形でクラブを勝利に導けるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ