“必ず結果を出す”34歳に年俸47億円は妥当か マンUがイブラ獲得にゴーサインへ

破格の待遇を準備か

破格の待遇を準備か

やはりマンU行きが濃厚? photo/Getty Images

そのスウェーデン人を振り返らせるには、とんでもない金額が必要なのかもしれない。イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマンでプレイする34歳のズラタン・イブラヒモビッチ獲得に向け、“世界最高の年俸”を支払う覚悟があるようだ。

今季のリーグアンで27試合に出場し32ゴールを挙げているイブラヒモビッチは、今季限りで所属するPSGとの契約が満了を迎える。英『Mirror』によると多くのクラブが同選手との契約を望んでいるものの、週給60万ポンド(約9200万円に相当)というイブラヒモビッチ側の要求がほぼすべてのクラブを尻込みさせている状態だという。しかしマンチェスター・ユナイテッドだけは、そのような“マンモス級”の待遇を用意する準備があるようだ。同メディアによるとユナイテッドは再びプレミアリーグにおける支配者としての立場を取り戻すため、年俸にして約3120万ポンド(約47億7000万円に相当)という驚異的なイブラ側の“ワガママ”を叶えることになるという。

ユヴェントスやインテル、バルセロナ、そしてミランといった名門クラブを渡り歩いてきたこのスウェーデン人アタッカーは今夏、キャリア初となるプレミアリーグ参戦を果たすことになるのだろうか。世界中が彼の去就に注目している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ