リヴァプール移籍は正しすぎる決断だった ミルナー「本当にハッピー」

UELでタイトル獲得の可能性も

UELでタイトル獲得の可能性も

リヴァプールでのキャリアを楽しむミルナーphoto/Getty Images

昨夏にマンチェスター・シティからリヴァプールへ移籍したMFジェイムズ・ミルナーには、様々な葛藤があったことだろう。近年の成績を見ればマンCの方が優れているのは明白だったからだ。しかし、リヴァプール移籍は正しい決断だった。リヴァプールはユルゲン・クロップの下で攻撃的なフットボールを展開しており、ヨーロッパリーグではドルトムント相手に劇的な勝利を収めてみせた。

英『Daily Star』によると、ミルナーも正しい決断を下せたと感じているようで、出場機会を増やすためだけではなくトロフィーを獲得したいとコメントしている。

「僕はただ出場機会を増やすためじゃなく、トロフィーを獲得するためにここへ来たんだ。難しい決断だったけど、今僕は本当にハッピーだよ。リヴァプールという偉大なクラブのために貢献したいね。マンCとリヴァプールは全く違うチームだ。マンCには経験豊富なベテラン選手が多くいる。僕もあそこでは若い部類だったけど、ここではベテランの1人だからね。ただ、どちらもトップクラブであることに変わりはないよ。数年後に両クラブの間でトロフィーを争えるといいね」

確かにミルナーは今のリヴァプールで経験豊富な頼れる選手と位置付けられており、クロップにとっても欠かせない選手となっている。就任時にクロップは数シーズン後にリーグタイトルを狙えるチームにすると意気込んでいたが、ミルナーはリヴァプールで主力としてリーグタイトルを獲得できるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ