ロナウドにバラックにネドベド “CL無冠男”のベスト11が豪華「カンナバーロはリーグ優勝も2度だけ」

実力は申し分ないが……

実力は申し分ないが……

怪物として恐れられたロナウド photo/Getty Images

どうしてヨーロッパ最強のクラブを決める大会で、“世界最強の選手”が頂点に立てないのだろうか。欧州チャンピオンズリーグは、これまでに幾人ものスーパースターたちを葬り去ってきたようだ。

欧州サッカー連盟の主催で毎年9月から翌年5月にかけて行われるUEFAチャンピオンズリーグ。ヨーロッパ各国リーグの上位チームだけが参加を許され、スーパースターたちの“本気”が見られる同大会は、世界中でその模様が配信され驚異的な人気を誇っている。英『squawka』は、そんな至高のステージにおいて強烈なインパクトを残しながら、一度も同大会を制したことのない意外なスター達を特集。何度も決勝戦に進出しながら“No.1”にはなれないユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンや、あと数分で頂点になれたはずの元バイエルン・ミュンヘンMFローター・マテウスなど、豪華な名前が並ぶこととなった。

また同メディアはレヴァークーゼンやバイエルン、そしてチェルシーでプレイしたミヒャエル・バラックについて「彼は2002年にレヴァークーゼンを決勝へと導いたが、レアル・マドリードが誇る“ギャラクティコス”、ジネディーヌ・ジダンのボレーによって邪魔されてしまった」と言及。さらにこのドイツ人センターハーフは、2006年から加入したチェルシーにおいても決勝戦でマンチェスター・ユナイテッドに優勝を阻まれている。やはりスーパースターにとってもCL制覇は容易ではないようだ。またユヴェントスやレアルでプレイした経験があるファビオ・カンナバーロについては「驚くべきことに、彼は国内リーグの優勝経験すらキャリアにおいてわずかに2度しかない」と言及している。

同メディアが選出した“CL無冠”選手によるベスト11は次の通り。

【GK】
ジャンルイジ・ブッフォン

【DF】
リリアン・テュラム
ジャンルカ・ザンブロッタ
ファビオ・カンナバーロ
ローラン・ブラン

【MF】
ミヒャエル・バラック
パトリック・ビエラ
ローター・マテウス
パベル・ネドベド

【FW】
ズラタン・イブラヒモビッチ
ロナウド

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ