ガビはPKだと分かってた ファーディナンド「ガビはやっちまったとリアクションしたように見えた」

議論呼ぶガビのハンド

議論呼ぶガビのハンド

ハンドが議論を呼んだガビphoto/Getty Images

13日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、アトレティコ・マドリードとバルセロナの一戦ではアトレティコが勝ったことよりもMFガビのハンドが話題になっている。もしバルサにPKが与えられていれば恐らく同点となり、延長戦に突入していたことだろう。そうなれば勝負は全く分からないものになっていた。

英『Daily Mail』によると、解説を務めた元イングランド代表リオ・ファーディナンド氏はバルサのパフォーマンスが準決勝進出にふさわしいものではなかったと語りながらも、ガビのハンドだけは間違いなくPKだと語った。

「私はバルセロナが準決勝進出に値したとは思わない。アトレティコはバルサを倒すお手本を見せてくれたよ。だが、ガビのハンドは100%PKだ。あれはペナルティエリアの中だった。ガビ本人の腕に当たった時のリアクションを見れば分かるだろう。ガビのリアクションは、やっちまったと後悔したように見えたね」

同氏の言葉通り、ガビは腕に当たった瞬間自身の手を頭の上に置き、やってしまったと焦りの表情を浮かべたようにも見える。本人はPKと分かっていたの かもしれない。アトレティコの方が良い戦いを見せたのは確かだが、彼らの勝利に多少の運も絡んでいたのは間違いないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ