カーンはカンカン? ロナウドがあの“ほぼ裸写真”について「良いカラダだろ」

美しいボディに自信?

美しいボディに自信?

肉体美を披露するロナウド(左) photo/本人Instagramより引用

クリスティアーノ・ロナウドは高速ドリブルと弾丸シュート、そして“鋼のカラダ”に誇りを感じている。

レアル・マドリードのポルトガル人アタッカーは12日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグのヴォルフスブルク戦でハットトリックを達成し、エースとしての役割を完遂。スペイン紙『SPORT』によると試合後、自身のインスタグラム上に投稿した“ほぼ裸”の写真について記者から質問されるとロナウドは「あの写真は最高の1枚さ。すごく良いカラダをしているだろ」と言及した。同写真は2日に行われたクラシコに勝利を収めた後、歓喜の中でチームメイトと共に撮影したもので、とりわけロナウドの筋張った完璧な肉体美が話題を呼んでいる。先日は元ドイツ代表オリヴァー・カーン氏が「妻の裸よりもロナウドの裸を多く見させられている」と皮肉のコメントを残しているが、女性ファンにとってはロナウドの“脱ぎっぷりの良さ”は歓迎すべきものかもしれない。

2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ決勝戦でも、PKによる得点後にユニフォームを脱いで上半身を見せつけたロナウド。何年も前からもはやゴール後の恒例行事となっているだけに、今後もカーン氏は嫌々ながらこのポルトガル人のカラダを見なくてはならない日々が続きそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ