後半開始から交代させた選手は実に33名……ファン・ハール独特の交代策に選手たちが困惑

ハーフタイム中の激しすぎる修正

ハーフタイム中の激しすぎる修正

独特の哲学を持つファン・ハールphoto/Getty Images

優秀な指揮官かを判断する1つの材料として、ハーフタイム中の修正が挙げられる。ゲーム前に立てたプランが上手くいかなかったときや、相手チームが想定外のスタイルで戦ってきた場合、指揮官はそれらの問題をハーフタイム中に処理しなければならない。状況に応じた判断が求められるため、指揮官の手腕の見せ所となる。

それに挑み続けているのがマンチェスター・ユナイテッド指揮官のルイ・ファン・ハールだ。英『Daily Mirror』によると、今季ファン・ハールはハーフタイム中に選手交代に踏み切ったケースが33回もある。そのうち8回は負傷によるものだが、残りの25回は戦術的理由での交代だ。最近の試合でも3日のエヴァートン戦では後半開始からDFマルコス・ロホに代えてティモシー・フォス・メンサー、10日のトッテナム戦でもFWマーカス・ラッシュフォードに代えてMFアシュリー・ヤングを投入している。

前半動きの悪かった選手を交代させるのも悪い判断ではないが、ファン・ハールの場合は交代する選手のチョイスがあまり良くない。トッテナム戦ではラッシュフォードに代わってサイドを主戦場とするヤングを投入しており、同メディアはこうしたファン・ハール独特の交代策に選手たちがますます困惑 していると伝えている。

シーズン終盤になっても試行錯誤が続くマンUはいつ答えを見つけられるのか。ファン・ハールも選手もクラブも大混乱している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ