アジア最終予選の結果について語るハリルホジッチ監督「初戦が重要」「ロシアへの道はかなり困難なもの」

初戦は2015年アジア杯で敗れたUAE

初戦は2015年アジア杯で敗れたUAE

最終予選に向けて意気込むハリルホジッチ監督 photo/Getty Images

2018ロシアワールドカップアジア最終予選組み合わせ抽選の結果、日本はグループBに入り、オーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイと同組となった。

指揮官のヴァヒド・ハリルホジッチ監督は抽選の結果について「前回のアジアカップでベスト4に入ったチームのうち、3つが同じグループに入っています。その中でもUAEは日本に勝利したチームです。ロシアまでの道はかなり困難なものになっていると感じます」と語った。日本サッカー協会の公式サイトが伝えている。

そして、6度目となるワールドカップ出場に向けて「最終予選、まず初戦が重要」になるとし、アジア杯準々決勝では1-1からPK戦の末に敗れたUAEとの一戦に意気込み、「簡単な相手はひとつもいない。毎試合100%出しきって戦わないといけません。そして1試合目は美しい勝利でスタートしなければなりません。その後、タイへ行くわけですが、この9月の2試合はかなり重要になってきます。2試合に勝つトライをしなくてはいけませんし、それによって自信と団結を強めることで、次のステップへと進みたい」とした。

またこれまでの日本代表の状況を振り返り「ただこの一年をかけて、ディスカッションを重ね、彼らの勝利への飢えと野心が変わってきたように感じます。今はワールドカップへ向けた雰囲気を持っている」と付け加えた。

アジア最終予選の試合日程は以下のとおり。

2016年9月1日 対UAE(ホーム)
2016年9月6日 対タイ(アウェイ)
2016年10月6日 対イラク(ホーム)
2016年10月11日 対オーストラリア(アウェイ)
2016年11月15日 対サウジアラビア(ホーム)
2017年3月23日 対UAE(アウェイ)
2017年3月28日 対タイ(ホーム)
2017年6月13日 対イラク(アウェイ)
2017年8月31日  対オーストラリア(ホーム)
2017年9月5日 対サウジアラビア(アウェイ)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ