いざ最終予選 日本はオーストラリア、サウジアラビアらと同組 W杯最終予選組み合わせ決定

6度目のワールドカップ出場へ

6度目のワールドカップ出場へ

シリア戦での日本代表 photo/Getty Images

AFC(アジアサッカー連盟)12日、マレーシア・クアラルンプールで2018ロシアワールドカップに向けたアジア最終予選の組み合わせ抽選会を行った。

最終予選は2次予選を突破した12カ国が2組に分かれる。第2シードとなった日本は、グループBに入り、オーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイと同組となった。

アジアに与えられた出場枠は4.5。最終予選各グループの上位2チームがワールドカップ出場権を獲得。3位だった場合はもう一方のグループの3位とプレイオフを戦い、勝てば北中米カリブ海予選4位との大陸連盟間プレイオフを行い、出場権を争う。

最終予選は9月1日に開幕する予定となっている。

組み合わせ抽選の結果は以下のとおり。

〈グループA〉
イラン(FIFAランキング:42位)
韓国(56位)
ウズベキスタン(66位)
中国(81位)
カタール(83位)
シリア(110位)

〈グループB〉
オーストラリア(50位)
日本(57位)
サウジアラビア(60位)
UAE(68位)
イラク(105位)
タイ(119位)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:日本代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ