レスターは主審の判定に助けられている? 見逃されたハンドと目立つPK獲得数

首位にはラッキーも絡んでいるのか

首位にはラッキーも絡んでいるのか

議論を呼んだアーセナル戦でのPK photo/Getty Images

現在プレミアリーグで首位を走るレスター・シティは、審判の笛に助けられているのではないか。一部ではこういった意見も挙がっている。レスターはここ2か月の間に、相手のクロスあるいはシュートが手に当たったケースが4度もあったからだ。

2月27日に行われたノリッジ・シティ戦では、ノリッジFWキャメロン・ジュロームの放ったシュートがウェス・モーガンの腕あたりに直撃。ペナルティエリア内でのプレイだったが、審判はPKとは判定しなかった。

4月3日のサウサンプトン戦では、レスターのGKがかわされ、無人となったゴールにサウサンプトンFWサディオ・マネが放ったシュートをDFダニ ー・シンプソンがブロック。これも腕に当たったようにも見えたが、笛は鳴らなかった。さらにこの試合ではサウサンプトンFWチャーリー・オースティンのクロスがDFロベルト・フートの左手に直撃。手に当たったことは誰の目にも明らかだったが、こちらもPKとは判定されなかった。

そして4月10日のサンダーランド戦では、ファン・アーンホルトの蹴ったクロスがまたしてもフートの手に当たった。しかしこちらもPKとは判定されなかった。また、レスターがラッキーと言われているのは守備面だけの話ではない。

今季のレスターは10回のPKを獲得しているが、これはリーグ最多の数字だ。ペナルティエリア内でも巧みなボールコントロールを見せるリヤド・マフレズ、スピードで 相手DFを翻弄するジェイミー・バーディの存在が大きいのだろうが、攻撃回数がそれほど多くないレスターにしては10回という数字は目立つ。英『Sky Sports』はラッキーも絡んでいるのではと伝えているが、今季のレスターには運も味方しているのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ