プレミア首位のレスターは”最もパスを失敗する”チーム! さらにボール所有率は……

意外なデータが露呈

意外なデータが露呈

プレミアリーグを席巻するレスター photo/Getty Images

イングランドプレミアリーグで首位を快走し2位トッテナムに勝ち点差7をつけるレスターは、その魅力的なフットボールによって多くの人間を魅力し続けている。しかし彼らが体現するサッカーはこれまでの常識とは少しかけ離れたものなのかもしれない。

イタリア人指揮官クラウディオ・ラニエリ率いるレスターは今季21試合に勝利し、たった3試合しか負けていない。他国リーグよりも各クラブの実力が伯仲しているプレミアリーグにおいてこの戦績を残すことは非常に困難なことだが、試合中の様々なデータも彼らの首位独走という事実に首を傾げていることだろう。レスターの公式Twitterアカウントによると同クラブは、前節までの20勝のうち18勝を相手チームよりも低いポゼッションで勝利している。また英『squawka』によれば彼らのパス成功率は71%で、プレミアリーグ全20チーム中最下位の数字を記録。ボールポゼッションも46%となっており、これより低いのはサンダーランドとウェスト・ブロムウィッチしかいない。

つまり今季のレスターは国内のほとんどの対戦相手よりもボールを保有できておらず、パス成功率では最下位となりながらも、プレミアリーグでは最多勝利数を挙げて首位を走っていることになる。もちろん彼らがボールを保有できないのか、それとも“敢えて”しないのかは分からない。だが、いずれにせよ今のレスターはパス成功率やボール保有率に依存しない、勝利の新たな方程式を確立しているといえるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ