残り契約を買い取ってでもヤヤ・トゥレはシティを退団する? 代理人「私が思うにそれは可能だ」

やはりペップとの共存は困難?

やはりペップとの共存は困難?

退団が噂されるヤヤ photo/Getty Images

イングランドプレミアリーグのマンチェスター・シティでプレイするMFヤヤ・トゥレは、同クラブとの間に残された契約を買い取ってでもシティを離れることになるかもしれない。

2010年にスペインのバルセロナから加入し、攻守にわたって絶大な影響力をもたらしているヤヤだが、今夏は自身のキャリアについて熟考すべきタイミングのようだ。というのもシティはすでに来季以降のペップ・グアルディオラ招聘を発表しており、同監督とバルサ時代に不仲だったとされるヤヤは、チーム退団を検討。ヤヤの代理人ディミトリ・セルク氏のコメントを英『Everning Standard』が伝えている。

「ヤヤはもう32歳だが、あと3~4年はトップのクオリティで戦うことができる。クラブは彼に何を求めているのかを伝える必要がある。ベストのシナリオは、ヤヤと3年の新契約を結んでキャリアの終わりまでシティでプレイさせることだよ。次に素晴らしいシナリオは『ヤヤ、今までありがとう』と言って、彼がここから去ることを許可するいうものだね。でもヤヤはここで無駄に時間を過ごすことだけはしないだろう。クラブがヤヤをキープする気がないなら、他のクラブへ行く可能性がある。私はFIFAに言うよ。我々が彼の契約を買い取るとね。私が思うにそれは可能だ。もしも新契約が提示されない場合、ヤヤ・トゥレがこの夏にシティを離れることになると私は約束できる」

ヤヤ・トゥレに対してはかねてよりイタリアのインテルが興味を示している。果たして今夏、コートジボワール人はイングランドを離れることになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ