なぜトゥヘルは香川をリヴァプール戦で先発させなかったんだ!? ドゥルムより香川を使うべきとの声

2ndレグでは香川のスタメン起用に期待

2ndレグでは香川のスタメン起用に期待

1stレグでは出場機会がなかった香川photo/Getty Images

最近のドルトムントでは、DFエリック・ドゥルムが右サイドハーフに入ることが多くなっている。もともとはサイドバックで起用されることが多かった選手だが、指揮官トーマス・トゥヘルは先日のヨーロッパリーグ準々決勝リヴァプール戦の1stレグでもドゥルムを右サイドハーフで起用している。しかし、この試合でドゥルムは違いをもたらすことができなかった。

サイドバックを務めた選手らしくサイドの上下動ではチームに貢献しているものの、『Fearthewall』はドゥルムのサイドハーフ起用が間違ったものだと主張。左サイドのマルコ・ロイスに比べて攻撃で違いを作り出せない選手と批判しており、ドゥル ムよりも香川真司を起用した方が良いとの意見だ。

香川はサイドの選手ではないが、リヴァプール戦のメンバーの場合は中盤を務めていたヘンリク・ムヒタリヤンを右サイドに回すことができる。前半戦ではロイス、ムヒタリヤン、オバメヤン、そして香川の4人がファンタスティック・フォーと呼ばれており、その破壊力はすでに立証済みだ。

同メディアは2日に行われたブレーメン戦でも先発出場したドゥルムのパフォーマンスがよくなかったと指摘しており、そのドゥルムは後半29分に香川と途中交代させられている。そしてその香川は同点弾を決めてチームの勝利に大きく貢献。ブレーメン戦の内容を見ればリヴァプール戦で香川を先発起用すべきだったかもしれない。

ドルトムントは14日にリヴァプールの本拠地アンフィールドに乗り込むが、現在はアウェイゴールの差でリヴァプールにリードを許している状態だ。当然アウェイでも攻撃的に戦う必要があり、攻撃で違いを生み出せないドゥルムよりも香川を先発で起用すべきではなかろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ