“ブンデス行き”も断った長友にサネッティ副会長「彼のような選手を探すのはとても困難」

リーダーの1人だと太鼓判

リーダーの1人だと太鼓判

契約延長が決まった長友 photo/Getty Images

インテルの長友佑都は愛され、そして求められている。同僚、ファン、さらには副会長からもだ。同クラブで“ナンバー2”の座についている元アルゼンチン代表ハビエル・サネッティが、長友との契約延長について言及している。

イタリアの名門インテルと正式に新契約を締結した長友は、今季開幕前のマーケットで放出されることが確実視されていた。しかし徐々にロベルト・マンチーニ監督の信頼を勝ち得ていくと、いまや不動のスタメンとしてインテルの攻守両面で多大なる貢献を果たしている。現役時代には長友の“お手本”としてインテルの右SBを務めていたサネッティ氏が、長友との契約延長について次のように語った。伊『Corriele dello sport』が同氏のコメントを伝えている。

「長友がここインテルにとどまる決断を下してくれて本当に満足しているよ。本当にプロフェッショナルな選手で、長友のような選手を探すことはとても困難だ。彼はここのリーダーの1人さ」

長友に関しては彼の共同代理人であるフェデリコ・パストレッロ氏が「ブンデスリーガのクラブに移籍することもできた」と話したと伊『fcinternews.it』が伝えている。しかし日本の人気者はこれから先もインテルで走り続ける決断を下した。長友佑都の健闘を祈りたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ