稀代の天才“Nextネスタ”が語る「僕らが似てる? そうかもね」

イタリアの若手DFが英雄を語る

イタリアの若手DFが英雄を語る

輝かしい未来が待っている photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドが“7番”に特別な想いを込めるように、ミランもまた“13番”には大きな思い入れがあるのかもしれない。

2002年におよそ3000万ユーロともいわれる破格の移籍金でラツィオからミランへと移籍した元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタは同クラブで13番を纏い、世界的なCBへと成長。チャンピオンズリーグ制覇やスクデットなど、数多くのタイトル獲得に貢献してきた同選手が背負った番号ということもあり、ミランにおける13番は次第にブランド化しつつある。そんな中、伊『Corriele della Sera』が現在ミランで同番号を纏うU-21イタリア代表CBアレッシオ・ロマニョーリのコメントを伝えている。

「13番以外に空いている背番号がここにはなかったんだよ。僕は6番が好きだけど、ここではフランコ・バレージのものさ。それに3番はパオロ・マルディーニだ」

「ネスタはネスタさ。彼はいつも僕にとっては発想の源だし、13番は完璧な数字だよ。僕らが似てる? そうかもしれないね。彼以来の最高額のDFだということはあまりプレッシャーにはなっていない。そのことについてあまり深くは考えたことがない。その金額に見合うだけの活躍を見せたいよ」

チームを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督の強い希望により、昨夏にミラン入りが決まったロマニョーリ。21歳の若手イタリア人DFには今後、大きな可能性が広がっているにちがいない。もちろん“かつての13番”を超えることも十分に可能だろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ