トーレスの不満はUEFAにも 「審判団をしっかり選べ」

UCL準々決勝のレベルにふさわしくない審判と批判

UCL準々決勝のレベルにふさわしくない審判と批判

退場処分に不満のトーレスphoto/Getty Images

5日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝バルセロナ戦で前半のうちに2枚のイエローカードを受けて退場処分となったアトレティコ・マドリードFWフェルナンド・トーレスが、主審のみならず審判団をチョイスしたUEFAまでをも批判している。

トーレスはこの試合で先制点を決める活躍を見せたが、守備に気合を入れすぎたせいでハードなチェックを連発してしまい、前半35分に退場処分を受けた。この判断にアトレティコ側は不満を口にしていたが、英『Daily Mail』によるとトーレス本人も主審への不満を露わにしており、主審をチョイスしたUEFAを批判するコメントを残している。

「UEFAは僕たちのユニフォームを選ぶことより、審判団をしっかり選ぶべきだよ。今回の審判はチャンピオンズリーグ準々決勝にふさわしいレベルではなかったし、これはUEFAの恥だ」

一部ではバルサ寄りの笛が多かったとの声もあり、スペイン勢同士の対決となった1stレグは非常に荒れている。トーレスの守備も軽率だったが、主審の判断は間違っていたのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ