「ヒディンクはチャンスをくれなかった」 今冬に中国へ移籍した元チェルシーMFが移籍の理由語る

指揮官到着で心変わり

指揮官到着で心変わり

チェルシー退団の理由を語るラミレスphoto/Getty Images

今冬にチェルシーから中国の江蘇蘇寧へ移籍したMFラミレスは、まだ29歳の選手だ。最近は中国や中東へ移籍するのが1つのブームのようになっているが、その年齢ならばまだまだ欧州トップクラブでプレイできたはずだ。では、なぜラミレスは中国移籍を決断したのだろうか。

英『Daily Mirror』によると、フース・ヒディンクの指揮官就任がラミレスの心を動かすことになったようだ。ラミレスはヒディンクが自身のことを嫌っていたと明かし、チャンスを与えられなかったことが原因で中国移籍を決断したと語った。

「ヒディンクの到着は事態を悪化させたよ。彼は選手として僕を好んでいなかったし、とても早い段階で僕にポジション争いのチャンスを与えないと決めたんだ。よく分からないけど、これがフットボールというものなんだろう。でも僕はチェルシーのサポーターだし、できるだけ早くチャンピオンズリーグの舞台に復帰してほしいと思っているよ。チェルシーには感謝しているんだ。チェルシーが今日の僕を作ってくれたのだからね」

ラミレス はサイドから中央までこなすユーティリティープレイヤーとして重宝されてきたが、ヒディンクはジョン・オビ・ミケルを中盤で起用することを好んでいた。少しばかり欧州から離れるのが早すぎたようにも思えるが、ラミレスにとっては自身を英雄のように扱ってくれる中国の方が魅力的だったのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ