驚愕データが判明……枠内シュート計121本の内、36%がゴールに変わる怪物がいた

恐ろしきゴールハンターぶり

恐ろしきゴールハンターぶり

群を抜くシュートの精度 photo/Getty Images

失点を喫したくないのであれば、“その男”にはシュートすら打たせてはいけない。スペインの強豪レアル・マドリードでプレイするポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのシュートはとてつもない殺傷力を秘めているようだ。

今季の公式戦43試合に出場し43ゴールを挙げているロナウドは、例年通り突出したゴールマシンとしてレアル攻撃陣を牽引。リーガエスパニョーラの得点ランキングでもバルセロナのルイス・スアレスに3点差をつけて首位を走っている。毎年のようにゴールを量産し続けるロナウドだが、英『Daily Mail』のデータによると同選手は今季121本もの枠内シュートを放ち、その内の43本がネットを揺らしている。つまりこのポルトガル人アタッカーが枠内シュートを打てば、約36%の確率でゴールが生まれることになる。これは世界中のDFとGKにとって恐るべきデータといえるだろう。

先日行なわれたバルセロナとの一戦“クラシコ”でも値千金のゴールを叩き込んだロナウドだが、やはりそのシュートの正確性は突出しているのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ