メッシは中央と右サイドどちらの方が合っている? 中央に配置するやり方に批判の声も

MSN完成以降は右サイドが定番だが……

MSN完成以降は右サイドが定番だが……

メッシは中央とサイドどちらで起用すべきか photo/Getty Images

バルセロナのMSNが完成して以降、ネイマールが左サイド、ルイス・スアレスが中央、そしてリオネル・メッシが右サイドでプレイするのが一般的となった。この組み合わせは完璧にフィットしたが、2日のレアル・マドリードとのクラシコではメッシが中央寄りにポジショニングをしてゲームメイクをする姿が頻繁に見られた。最近ではメッシがシャビ・エルナンデスと同じような仕事をしているとも言われるが、スペイン『MARCA』はメッシを中央とサイドどちらで起用すべきか疑問を投げかけている。

同メディアは今回のクラシコと、メッシが大爆発した昨季のチャンピオンズリーグ準決勝1stレグ・バイエルン戦 を比較。バイエルン戦でのメッシは2ゴール1アシストと全得点に絡む活躍を見せているが、この試合でメッシは右サイドで多くの時間を過ごしている。

同メディアのデータによれば、メッシは今回のクラシコの方が多くボールに触っている。これはバイエルンに比べてレアルの方が引き気味に守っていたことも関係しているが、この試合でメッシは99回ボールを持っている。それに対して、バイエルン戦では79回だ。パス本数にも約2倍の差があり、今回のクラシコの方がメッシは多くのパスを成功させている。

しかし、この試合でメッシはケイロル・ナバスを脅かすチップシュートしか打っていない。同メディアはメッシが中盤の下がった位置で頻繁にボールに触るスタイルが間 違ったものだと主張しており、中央よりスペースのある右サイドでプレイすべきだとルイス・エンリケの判断を批判している。

以前のメッシは中央で完全なる自由を与えられていたが、MSN完成以降は右サイドでのプレイがフィットしているように見える。同メディアはメッシの中央起用をやめるべきとの意見だが、メッシにシャビのような役割を任せるのは間違っているのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ