クリーンシートでの4連勝にレスター指揮官もご満悦「素晴らしい頑張りだった」

決して浮かれず

決して浮かれず

決勝点を挙げたモーガン photo/Getty Images

3日レスターはサウサンプトンと対戦し、1-0と勝利した。キャプテンを務めるDFウェズ・モーガンが挙げた今季初ゴールを守り切り、4連勝を挙げた。

レスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督の試合後のコメントを英『sky SPORTS』が伝えた。同監督は「素晴らしい頑張りだったよ。サウサンプトンはリヴァプールに勝ったあとで、自信を持ってここに乗り込んできていたからね。クリーンシートで3ポイントを得られているのは非常に良いことだ」と話し、チームの働きを称賛している。

続けて「どの瞬間も楽しんでいる。夢を見続けられているんだからね。大切なのは良いパフォーマンスをすることだ。それで勝てればもっとハッピーだよ。これからも次の試合に集中していくことが必要だね。落ち着いて地に足をつけて戦い続ける」とコメントした。

初優勝が現実味を帯びてから、レスターの周りからは「落ち着く」や「地に足をつけて」などといった言葉が頻出している。優勝が目前となっている今こそ平常心を保ち、戦うことが大事だとということを優勝経験のないレスターが最もわかっているのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ