「中村俊輔こそFKの王様」英メディアがプレミア屈指のあのフランス代表MFよりも俊輔が上だと断定

日本のレフティーを絶賛

日本のレフティーを絶賛

世界は彼をチェックし続けている photo/Getty Images

世界は彼の十八番を忘れていない。横浜F・マリノスの中村俊輔が2日のガンバ大阪戦で叩き込んだ芸術的な直接FKを、英メディアは見逃さなかった。

この日の素晴らしい一撃により、JリーグにおけるFK通算得点記録を22に更新した中村は、かつてイタリアのレッジーナやスコットランドのセルティックなどでプレイ。魔法のような左足のテクニックと、すべての人間を納得させる圧巻のFKでヨーロッパでも絶大な評価を得ていた。2010年からは再び日本でプレイしている中村だが、いまだに世界は彼の虜となっているようだ。英『SPORT bible』は日本人レフティーの変わらぬクオリティに対し、同じくウェストハムでFKの達人として評価されるエースを引き合いに出しながら次のように評している。

「(ウェストハムの)パイェは2日のクリスタル・パレス戦でも素晴らしいFKを決めた。先月のFA杯に続いて着実に結果を残している。だが日本のマリノスでプレイする37歳の中村こそが、現時点においても最も素晴らしいFKの王様であると証明された」

今季ウェストハムで大ブレイクを果たしているフランス代表MFディミトリ・パイェは、加入初年度ながらプレミアリーグで9ゴールを挙げる活躍を披露。同クラブを6位に引き上げている原動力だ。しかし同メディアはそんなプレミアの注目株よりも中村こそが最高のフリーキッカーだと絶賛している。一芸に秀でたスペシャリストのクオリティは今もなお世界に衝撃を与え続けているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ