「クロースは良い選手だがラキティッチほどのレベルじゃない」「ピケとぺぺならピケだ」スペイン2強を比較するアンチェロッティ

ポジション別に両チームを比較

ポジション別に両チームを比較

かつてクラシコを戦ったアンチェロッティ photo/Getty Images

つい1年前まで彼はクラシコを戦う人間だったが、現在は伝統の一戦を評論する立場にいる。2015年にレアル・マドリードを解任されたカルロ・アンチェロッティ監督が、2日に行われるバルセロナvsレアルの大一番を前にして両チームの選手を比較した。

2013年に同クラブの指揮官へと就任したアンチェロッティは初年度からチャンピオンズリーグを制覇し、レアル念願の“デシマ”(10度目の優勝)を達成。その温和な性格により選手からの人望も厚いアンチェロッティ監督が、クラシコへの展望をポジション毎に語っている。スペイン紙『MARCA』がこれを伝えた。

「カルバハルとダニエウ・アウベスなら引き分けだね。彼らは2人とも優れた攻撃性能を備えている。しかし自分の後ろに広大なスペースが生まれてしまうことについては心配するべきだろう。とりわけアウベスはね。ピケとぺぺならピケだ。彼の今季のクオリティは素晴らしいよ。集中し続けていて、適切な判断を下している。だがぺぺには速さと強烈なキャラクターがあるね」

また同監督は攻撃的なポジションの選手たちについても言及している。

「ラキティッチとクロースならラキティッチに軍配が上がるだろう。彼のコンディションはとても信じられないよ。バルセロナへの貢献は精神面においてもフィジカルの面においても完璧だ。もちろんクロースも良い選手だけどラキティッチほどのレベルではない。イニエスタとモドリッチは引き分けだね。彼らは2人とも最高のセンターハーフさ。2人がプレイすることで周囲の選手の動きも良くなるんだ。メッシとロナウド? 私に言えることはなにもない。彼らは共に素晴らしい選手で、コンディションもバッチリさ」

最後には“究極の質問”も投げかけられたアンチェロッティ。怪物2人を具体的に比較することはなかったものの、両選手共に素晴らしいフットボーラーであると称賛している。果たして本番ではどのような結末を迎えることになるだろうか。世界中が注目するクラシコから目が離せない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ