マイケル・ジョーダンの次に高給取りのベッカム そのとんでもない年収は……

いまだに億万長者?

いまだに億万長者?

その人気は衰えず photo/Getty Images

仮にスーパースターが永遠に輝きを放ち続けたいのであれば、“端正なルックス”は必要不可欠なのかもしれない。

元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏は2013年にフランスのパリ・サンジェルマンで現役を引退したものの、いまだにとてつもない金額を稼ぎ続けていると英『THE Sun』が伝えている。同メディアによるとベッカム氏はすでに現役を退いているにもかかわらず、2015年に4500万ポンド(約72億円に相当)を稼ぎ出したのだという。その破格の年収にはアディダスやH&Mなどの世界的ブランドから得るスポンサー契約料が含まれているようだ。

また同メディアは4500万ポンドというベッカム氏の年収が、引退したスポーツ選手の中では2番目に高額で、トップは元NBAプレイヤーのマイケル・ジョーダン氏が稼いだ6900万ポンドだと伝えている。バスケ界の神様を追う、サッカー界の“プリンス”ベッカム。今後の活躍にもより一層期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ