アメリカで銀河系軍団再び? マイアミのオーナー務めるベッカムが指揮官に狙うのは……

スター揃いのチームが完成か

自身がオーナーを務めるマイアミの2017年からのMLS参入へ向けて精力的な動きを見せているデイビッド・ベッカムは、チームの指揮をかつてのチームメイトに任せる考えを持っているようだ。

英『Daily Mail』によると、ベッカムが狙うのはレアル・マドリード時代のチームメイトである元ブラジル代表DFロベルト・カルロスだ。ロベルト・カルロスはアンジ・マハチカラでアシスタントコーチを経験し、その後トルコのシヴァススポルとアクヒサル・ベレディイエスポルで指揮官を務めた。昨年7月にはインドのデリー・ディナモスFCの指揮官に就任しており、指導者として確実に経験を積んでいる。

報道によるとロベルト・カルロスもベッカムの提案に興味を示しているようで、アメリカでベッカムとロベルト・カルロスの黄金コンビが実現することになるかもしれない。

ベッカムは他にもズラタン・イブラヒモビッチ、クリスティアーノ・ロナウド、さらにはリオネル・メッシの獲得まで狙っているとも言われており、MLS屈指の豪華なチームが完成することになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ