デ・ヘアを軽くあしらうスーパーゴールを決めたコウチーニョ 同僚GKミニョレは……「僕もやられてる」

チームメイトも認めるコウチーニョの能力

先日のヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦マンチェスター・ユナイテッド戦で、DFを抜き去り、GKダビド・デ・ヘアをあざ笑うかのようなチップキックを決めたリヴァプールMFフィリぺ・コウチーニョ。誰もが驚愕するプレイだったが、チームメイトのGKシモン・ミニョレはこのプレイに驚いていない。

英『Daily Mirror』によると、ミニョレはコウチーニョが普段の練習からスペシャルなことをしており、自身もコウチーニョに得点を決められていると語った。

「フィルはDFを抜き去り、すごく難しい角度からゴールを決めたよね。スペシャルなゴールだった。しかも彼はそれを簡単にやってのけたように見えたよ。だけど、僕はフィルのゴールに驚いていない。なぜなら毎日練習で彼のプレイを見ているし、僕も彼にやられているからね。彼の能力は理解しているよ。フィルは僕たちにとって大きな存在だし、マンU戦では僕たちを助ける仕事をしてくれた。良い時間帯の得点だったし、あのゴールが流れを変えたんだ」
コウチーニョはリヴァプールの絶対的エースへと成長しており、マンU戦でもひとり次元の違うプレイを見せていた。彼の能力の高さはチームメイトの誰もが知るところなのだろう。準々決勝では指揮官ユルゲン・クロップの古巣であるドルトムントと対戦するが、勝つためにはコウチーニョのスペシャルなプレイが欠かせない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ