世界最高クラスのGKに成長したナバス、昔はGKじゃなかった!? 「FWとして良い素質を持っていた」

ストライカーとして期待されていたナバス

ストライカーとして期待されていたナバス

レアル・マドリードで守護神を務めるK・ナバス photo/Getty Images

現在レアル・マドリードで守護神を務めるケイロル・ナバスは、今季の活躍で世界トップレベルのGKとの評価を確かなものとしている。レアルサポーターの間でもマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘア不要論まで挙がっており、ナバスは今季のレアルで最も頼れる選手となっている。

しかしスペイン『MARCA』によると、ナバスはGKになっていなかった可能性がある。ナバスはコスタリカのデポルティーボ・サプリサのユースチームで育った逸材だが、ナバスの少年時代にコーチを 担当していたロジャー・モラ氏はナバスがストライカータイプの選手だったと語っている。

「かつてナバスはセンターフォワードとしてプレイしていた。彼はいつもGKをやりたがっていたけど、彼はFWとして良い素質を持っていたんだ。テクニックもあったし、強くてパワフルな9番タイプの選手だったんだよ」

ナバスのセンターフォワードとしての素質がどの程度のものかは見当もつかないが、GKでなければレアルでプレイすることはできなかったはずだ。コスタリカにとってもナバスをGKにコンバートしたのは正解だった。しかしセンターフォワードとしての経験はGKをするうえで確実に役立っているはずで、それも驚異のシュートストップに繋がっているのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ