指揮官も大満足! エイバル乾、チームを救う同点ゴールを演出 ヘタフェ戦の出来に最高点の採点

ボルハ・バストンと並んで「8」と評価

ボルハ・バストンと並んで「8」と評価

メンディリバル監督からも信頼される乾 photo/Getty Images

18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第30節でエイバルは、ヘタフェに1-1のスコアで引き分けた。

乾貴士は前節ラージョ戦に続いてスタメン起用され、左サイドハーフとしてピッチに立つと際立つ存在感を放った。68分にはポストを直撃するミドルシュートを放ち、ヘタフェゴールを脅かす。さらに、試合終盤の87分には、ディフェンスラインの裏へ抜けだして、ボックス内の深い位置でボールをキープし、相手DFを引きよせてからボルハ・バストンのゴールをアシスト。序盤に先制ゴールを許し1点リードされる苦しい状況だったが、乾が同点ゴールの起点となり、チームの窮地を救った。

スペイン『MARCA』は試合後の選手採点(10が最高評価)で乾に対して、同点ゴールを決めたボルハ・バストンと並んで両チームを通じて最高点となる「8」の採点を与えた。指揮官のホセ・ルイス・メンディリバル監督は試合後の会見で乾について「彼は右でも左サイドでもプレイできる。今日は左サイドで起用したが、この試合で良いプレイを見せていた。私たちが望むような攻撃のチャンスを作り出した」と乾の出来に満足するコメントを残したとスペイン『LA VANGUARDIA』が伝えている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ