ミランの補強策のキーワードは“本田のクロスを最大限活かせ”!? 今ミランが獲得すべきFWとは

本田とボナベントゥーラが攻撃のカギを握る存在に

本田とボナベントゥーラが攻撃のカギを握る存在に

本田の良質なクロスは強みか photo/Getty Images

現在3位ローマに勝ち点差11をつけられて6位に沈んでいるミランは、今季も欧州カップ戦出場権確保が困難になっている。そんなミランが来季に向けてやるべきことの1つに、FWの再編が挙げられる。今季はカルロス・バッカが1人気を吐いているが、その他のマリオ・バロテッリやジェレミー・メネズ、ルイス・アドリアーノらが良いパフォーマンスを見せることができていない。バロテッリはリヴァプールに戻される可能性が高く、メネズにも中国から複数のオファーが届いていることが分かっている。今季の働きぶりを見れば、チームに残しておくべきFWはバッカ、そしてバッカと2トップを組むエムバイェ・ニアングくらいだろう。

では、バロテッリやメネズの代わりに誰を連れてくるのか。米『Bleacher Report』はサウサンプトンFWグラツィアーノ・ペッレを推している。ペッレは今のミランにはいないタイプの大型ストライカーで、高さが最大の強みだ。そして同メディアは、ペッレの獲得が両サイドで奮闘するジャコモ・ボナベントゥーラと日本代表MF本田圭佑の高精度のクロスを最大限活かすことになると伝えている。ボナベントゥーラと本田は攻守両面においてチームに欠かせない存在となっており、本田の左足から放たれるクロスも重要な武器の1つと捉えられているようだ。

また、ペッレには前線でボールを収める仕事も期待できる。バッカはスピードと決定力が大きな武器だが、なかなか前線でボールを収めることができていない。今のミランは全体のラインを下げて守備的に戦っているため、バッカが前線で孤立するシーンが多くなってしまっている。その点ペッレであれば多少強引にでもボールを収めることが可能となるはずだ。

今のチームに欠けている高さと強さをプラスし、本田とボナベントゥーラのクロスも最大限活かせるようになる。ペッレは今のミランにぴったりの選手かもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ