今季のスタッツのみで評価したイングランド代表メンバーを英紙が大発表 現キャプテンの名前はなし

守備陣が見慣れない名前だらけに

守備陣が見慣れない名前だらけに

マンUでは不調のウェイン・ルーニー photo/Getty Images

今夏はEURO2016が控えている。イングランドでも、誰が代表に選ばれるのかはサッカーファンの日常的な話題だ。英『THE Sun』が今季のスタッツのみで評価し、独自のイングランド代表メンバーを発表した。スタッツにはEA SPORTSのデータが利用されている。

GK:ジャック・バトランド
ストークの正GKであるバトランドはプレミアリーグで誰よりも多いセーブ数を記録している。

DF:フランシス、ダニエルズ、ドーソン、ダン
ここではフランシス、ダニエルズといったボーンマス勢、ドーソンはウェストブロム、ダンはクリスタル・パレスとプレミアリーグの下位チームの選手たち中心に選ばれている。守備機会が多いことも影響しているのかもしれない。

MF:ノーブル、デル・アリ、ドリンクウォーター、バークリー
イングランド国内でも高く評価されているウェスト・ハムのノーブルを除くと、売り出し中の若手選手が名を連ねた。

FW:ケイン、バーディ
高い得点力を誇るツートップが実現している。成績が評価に直結するポジションだけに順当な2人が選ばれた。

特筆すべきは現キャプテンのウェイン・ルーニーが選ばれていないことだ。もちろんスタッツには反映されない貢献があるはずだが、クラブでの不調を表しているとも言える。

見慣れない名前が並んだ守備陣を除けば、意外にも順当なメンバーが選出されたと言えるだろう。イングランド代表がこのメンバーでEURO2016に臨んだとしても、さほど悪くはないのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ