“神に選ばれし23歳” ペレ氏がプレミアのあのエリートを絶賛「他の若手は彼ほどの経験を持っていない」「すでに成熟してる」

若くして経験豊富だと称賛

若くして経験豊富だと称賛

サッカー界の重鎮ペレ photo/Getty Images

サッカーの神様ペレ氏にとって、イングランドプレミアリーグのリヴァプールでプレイするブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョは最も素晴らしい同国出身選手の1人だと感じているようだ。ペレ氏はコウチーニョが持つ豊富な経験こそが、今後に向けての素晴らしい糧となるだろうと話している。

2008年にイタリアのインテルと契約したコウチーニョはその後ヴァスコ・ダ・ガマへレンタル移籍し2年間にわたって修行を積んだ。2010年にはようやくインテルで念願のデビューを果たしたものの、本領発揮とはならず3年後の2013年に850万ポンドの移籍金でリヴァプールに加入。その後は同クラブで急成長を遂げ、チームの中心プレイヤーとして攻撃を牽引する活躍を見せている。ペレ氏はそんなコウチーニョが歩んできた様々な経験こそが、今後のキャリアに向けて強みになると期待しているのかもしれない。英『LFC TV』がペレ氏のコメントを伝えている。

「我々の国からはとても多くの輝かしい選手たちがヨーロッパへ渡っている。現在もたくさんの素晴らしい若手プレイヤーがヨーロッパにいるが、彼らにはコウチーニョほどの経験は持ち合わせていない。彼はヨーロッパで成長し、まだ17歳か18歳のときにイタリアへ移籍した。だから彼はすでに成熟したフットボーラーなんだよ」

神様のお墨付きを得たコウチーニョはこの賛辞をどのように感じているだろうか。まだ23歳と若く、多くの伸びしろを残しているだけに、ネイマールやルーカス・モウラといった同世代を追い越すようなプレイヤーとなることを期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ