アーセナルがロシツキーの後釜探しへ ターゲットはレアルMFに

今季限りで退団する可能性が高まっているロシツキー

今季限りで退団する可能性が高まっているロシツキー

アーセナルが獲得を狙うMFイスコ photo/Getty Images

アーセナルは今季終了後にMFマテュー・フラミニ、ミケル・アルテタ、トマシュ・ロシツキーの3名を放出する可能性が高いと言われている。フラミニは31歳、アルテタは33歳、ロシツキーは35歳と大ベテランの域に入っており、フラミニ以外はほとんど試合に出場していない。そのフラミニもすでにピークは過ぎており、アーセナルは今冬に同じ汗かき役のモハメド・エルネニーを獲得している。

そしてアーセナルは、攻撃的MFのロシツキーの代役として選手を1人加えたいと考えているようだ。スペイン『FICHAJES』によると、アーセナルのターゲットはレアル・マドリードMFイスコだ。イスコは今夏にレアルを離れるとも噂されており、現在も絶対的な地位を確立できていない。

それを見越してか欧州の強豪クラブもイスコ獲得を狙っており、チェルシー、マンチェスター・シティ、ユヴェントスも動き出している。同メディアはレアルがイスコ獲得時に3000万ユーロを費やしたため、売却する場合は最低でも4000万ユーロが必要と見ている。

同メディアはアーセナルがそれを上回る額を準備しようとしていると伝えているが、獲得に成功すればロシツキーの後釜としては最高の補強だ。指揮官アーセン・ヴェンゲルの好むショートパス主体のサッカーにも適応するだけの技術を持っており、確かな戦力となるだろう。いずれにしても以前から興味を示しているユヴェントスらとの競合は避けられないが、アーセナルはメスト・エジルに続いてトップレベルのMFを獲得できるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ