今季チャンピオンズリーグ決勝でゴールライン・テクノロジー導入へ

UEFA主催大会では初

UEFA(欧州サッカー連盟)が今季のチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグの決勝でゴールライン・テクノロジーを採用することを明らかにした。独『DW』は伝えている。

この技術はスタジアムのゴール付近に7台ものハイスピード・カメラを設置し、それによりボールがゴールラインを完全に越えたかどうかを判定するシステムだ。

2012年からサッカー界に導入されたこの技術は、すでにイングランド・プレミアリーグ、ドイツ・ブンデスリーガなどで採用されている。UEFA主催の大会で導入されるのは初めての試みとなる。現在はゴールライン付近にアシスタントレフェリーが立って目視で確認しているが、このゴールライン・テクノロジーが導入されても引き続きアシスタントレフェリーの仕事はなくならないとUEFAは発表している。

すでにFIFA(国際サッカー連盟)主催の大会では2014年ブラジル・ワールドカップから導入されており、UEFA主催の大会でも待ち望まれていた技術であった。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ