[なでしこ]中国に痛恨の敗戦! 3試合未勝利でリオ五輪出場は絶望的

1点差に迫るも……

1点差に迫るも……

1点差に迫るゴールを決めた横山 photo/Getty Images

なでしこジャパン(日本女子代表)は4日、リオデジャネイロオリンピックのアジア最終予選第3戦で中国代表と対戦。試合は大阪府のキンチョウスタジアムで行われた。

1-1の引き分けに終わった韓国代表との第2戦から、中1日という難しいコンディションで中国戦に臨んだなでしこジャパン。この大会は参加6カ国で五輪出場の2枠を争うが、なでしこジャパンは2試合を終えて勝点1にとどまり、自力での五輪出場がすでに消滅している。2位争いに加わるためにも、勝利が絶対条件の一戦となった。

試合が動いたのは14分。序盤からボールを保持したなでしこジャパンだったが、連携ミスからMF川村優理のバックパスを中国代表FWジャン・ルイに奪われる。ジャン・ルイはそのままボックス内に侵入すると、GK福元美穂をワントラップでかわしてゴールに流し込んだ。なでしこジャパンは先取点を奪われる苦しい展開となった。

追いかけるなでしこジャパンは、その後もボールを動かしながら攻めこむも、中国の強固なディフェンスを崩し切ることができず0-1のスコアで後半を迎える。後半立ち上がりにMF川村に代えてFW岩渕真奈を投入し、悪い流れを断ち切りたいなでしこジャパン。だが58分、MFグー・ヤーシャが狙いすましたミドルシュートから追加点を奪われ、リードを2点差に広げられる。

すると65分、なでしこジャパンが決定機を迎える。途中出場した岩渕が左サイドからクロスを送り込む。このボールは相手DFの足元につながるも、すぐさまFW横山久美が奪い返しドリブルで1人をかわして右足を振りぬく。強烈なシュートをゴール左隅に突き刺して、1点差に迫る。

だがその後、猛反撃を見せるも結果に結びつけることができず、なでしこジャパンは1-2のスコアで中国に敗れた。リーグ順位は5位にとどまり、リオオリンピック出場が絶望的な状況に追い込まれた。

[メンバー]
福元、近賀、田中、熊谷、鮫島(→高瀬 87)中島(→川澄 68)、川村(→岩渕 46)、阪口、宮間、大儀見、横山

[スコア]
日本 1-2 中国

[得点者]
日本:横山(65)

中国:ジャン・ルイ(14)、グー・ヤーシャ(58)

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ