負傷により離脱中のナウドが周囲からのサポートに感謝「たくさんの励ましをもらった」

手術は無事成功

手術は無事成功

復帰が待ち遠しいナウド photo/Getty Images

ドイツのヴォルフスブルクは2日、チームのブラジル人CBナウドが肩の手術をしたことを発表。同選手は4日まで入院することになるようだ。

27日に行われたブンデスリーガ第23節のバイエルン・ミュンヘン戦に先発出場を果たしたナウドだったが、チアゴ・アルカンタラから強力なタックルを受けたことにより転倒し、肩を損傷。76分にはクノッヘと交代し、ピッチを後にしていた。ヴォルフスブルクで守備の要としての役割を担っているナウドは今回の負傷について次のように話している。クラブ公式サイトが同選手のコメントを伝えた。

「僕は平気さ。手術が何事もなく終えられることができて満足している。可能な限り早くチームに復帰したいよ。彼らの力になりたいんだ。今回僕はたくさんの励ましや、温かい言葉をもらうことができた。みんなには感謝しているよ」

同選手は今季のブンデスリーガで23試合に出場。多くの勝利に貢献していただけに、サポーターは1日でも早い復帰を待ち望んでいることだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ