ダービーでボレーシュート叩き込んだボヌッチ「思い切り良く叩き込んでやろうと……」

浮かさないように意識?

浮かさないように意識?

先制弾を挙げたボヌッチ photo/Getty Images

28日に行われたセリエA第27節の“イタリア・ダービー”で貴重な先制ゴールを決めたユヴェントスDFレオナルド・ボヌッチがその喜びを語っている。

ユヴェントスとインテルによる伝統の一戦で先発出場を果たしたボヌッチは47分に強烈なボレーシュートを叩き込み、チームに値千金の先制弾をもたらした。2位ナポリからの追走を振り切りたい首位ユヴェントスはその後、FWアルバロ・モラタがPKを沈め2-0と完封勝利。DFながら見事なボレーシュートを決めることに成功したボヌッチは試合後に次のように話している。伊『Football italia』がこれを伝えた。

「僕の所にボールが近づいてきた時、思い切り良く叩き込んでやろうと思った。ボールが浮きすぎないように、抑えて蹴った。そこを特に意識したね。インテルのハンダノビッチに止められなかったのは良かったね。本当に幸運なゴールだったよ。対戦相手がどこだろうが関係なく、ユヴェントスは絶対に勝利を必要としていた。ここ2試合を引き分けていたからね。また勝利を続ける日々に戻さなければいけないと思っているよ」

“勝って当然”の日々が続いているイタリア王者のユヴェントスだが、インテルとのダービーを2-0で快勝したことは今後の自信にもつながるにちがいない。今季もまた彼らはイタリアサッカーを牽引する存在感を見せつけている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ