セリエAが危ない! 今夏他国から引き抜かれるかもしれない10人のスター選手

イングランド、スペインからの関心には逆らえない

イングランド、スペインからの関心には逆らえない

イタリアからタレントが消えていく? photo/Getty Images

今季のセリエAは非常に面白い。ナポリとユヴェントスのスクデット争いに加え、インテルやローマのチャンピオンズリーグ出場権争いも白熱している。ナポリはFWゴンサロ・イグアインが好調を維持しており、ユヴェントスもFWパウロ・ディバラ、MFポール・ポグバといったタレントが一段上のプレイを見せている。しかし、この盛り上がりは今季限りで終わってしまうかもしれない。なぜなら、今季終了後にイングランドやスペインから主力選手を引き抜かれる可能性があるからだ。

伊『Calciomercato』は今夏に10人のスター選手が他国に引き抜かれる恐れがあると伝えた。キャリアの絶頂期に達しているイグアインはチェルシーやバイエルンが獲得のチャンスをうかがっており、チームメイトのFWロレンツォ・インシーニェ、インテルDFジョアン・ミランダもバイエルンから狙われている。3選手とも来季からクラブを率いるカルロ・アンチェロッティのお気に入りで、イタリア人指揮官によってセリエAが弱体化させられる可能性も考えられる。

それはアンチェロッティに限った話ではなく、来季からチェルシーを指揮すると噂されているアントニオ・コンテもユヴェントスMFポール・ポグバ、ローマMFラジャ・ナインゴランの獲得を狙っていると報道されている。ポグバはコンテの教え子であり、ナインゴランはチェルシーの他にマンチェスター・ユナイテッドも興味を示す人気銘柄だ。
さらにインテルFWマウロ・イカルディもマンU、アトレティコ・マドリードらが狙っており、ユヴェントスDFレオナルド・ボヌッチも来季からマンチェスター・シティの指揮官に就任するジョゼップ・グアルディオラが好んでいる。ローマMFミラレム・ピアニッチにはレアル・マドリードが契約解除金4500万ユーロを準備するとの報道があり、フィオレンティーナMFフェデリコ・ベルナルデスキ、ラツィオMFルーカス・ビリアもマンUの獲得リストに挙がっている。

どの選手も今季のセリエAを面白くしているスター選手だが、豊富な資金力を持つイングランドやスペインの強豪クラブから目を付けられてしまっている。まさか10人全員がイタリアを離れることはないだ ろうが、このうちの何名かは確実に引き抜かれるだろう。現在のセリエAの盛り上がりを来季以降も継続していくにはスター選手の残留が欠かせないが、クラブは彼らを守り切れるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ