ヴォルフスブルクが“金の卵”と新契約締結

未来のドイツを担うエリート

未来のドイツを担うエリート

クラブの至宝ともいうべきアルノルト photo/Getty Images

ブンデスリーガのヴォルフスブルクは24日、ドイツ代表MFマキシミリアン・アルノルトとの契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。

2009年よりヴォルフスブルクのユースチームに入団したアルノルトはその2年後にクラブ史上最年少となる17歳と5ヶ月でプロデビュー。各年代ごとのドイツ代表にも選出されており、その将来が非常に期待されているMFだ。アルノルトはヴォルフスブルク公式サイト上で、次のようにその喜びを語っている。

「僕は最初の日からヴォルフスブルクを家だと感じているよ。ここでプロの選手になれたし、今後さらに成長するための最適なチームだと確信している。クラウス・アロフスGMとディーター・ヘッキング監督が僕のことを信頼してくれてとても嬉しいね。僕のような若い選手と新契約を結ぶというのは信頼している証だよ」

すでにドイツのA代表でもデビューを果たしている脅威の攻撃的MFは今後、どのような成長を見せてくれるのだろうか。アルノルトのキャリアが素晴らしいものになるよう期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ