元バルサ会長がロナウドにチクリ「なぜPKを外したかは分かっている」

ロナウドの発言に被せる

ロナウドの発言に被せる

ロナウドを皮肉るラポルタ photo/Getty Images

ここ最近、バルセロナとレアル・マドリードの間でPKに関する話題が増えている。

バルセロナのPK失敗数があまりにも多いことが話題になる中、21日のマラガ戦ではクリスティアーノ・ロナウドまで失敗してしまった。自らペナルティエリアの中で倒れ込み、それを自ら蹴るロナウドのスタイルが出来上がっていただけに、この失敗は驚きだった。

そんなロナウドの失敗を皮肉ったのが元バルセロナ会長のジョアン・ラポルタ氏だ。スペイン『as』によると、同氏はフェイスブックでロナウドの失敗について次のようにコメントした。

「私がなぜPKを外したかは分かっている。でも、理由は言わないけどね」

この発言は、数日前にロナウドがしたものとほとんど同じだ。ロナウドはバルセロナのリオネル・メッシとルイス・スアレスが見せたトリックPKについて、「レオがなぜトリックPKをしたのかは分かっている。なぜかは言わないけどね」とコメント。ラポルタ氏にはロナウドを皮肉る最高のチャンスに思たのだろう。

結局レアルはこのPK失敗が響いて勝ち点3を逃し、バルセロナとの勝ち点差が9に広がってしまった。もはや逆転は難しく、ロナウドにとってラポルタ氏の皮肉も含め嫌な思い出として残ることだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ