痛恨のドローにも前向きなシメオネ「もちろん勝利を収めたかったが……」

目標はチャンピオンズリーグ出場権確保か

目標はチャンピオンズリーグ出場権確保か

スペイン2強時代を打破したシメオネ photo/Getty Images

スペインのアトレティコ・マドリードは21日に行われたリーガエスパニョーラ第25節でビジャレアルと対戦しスコアレスドローに終わったが、指揮官ディエゴ・シメオネはこの結果をポジティブに捉えているようだ。

白星を挙げることができなかったアトレティコはこれにより首位バルセロナとの勝ち点差が8となり、リーグタイトルから1歩遠ざかってしまった。しかしシメオネ監督がこの結果に絶望することはないのかもしれない。スペイン『MARCA』が同監督のコメントを伝えた。

「勝ち点3を獲得したかったのは当たり前だし、チームはそのために戦っていた。でもドローという結果によって4位のビジャレアルとの勝ち点差は維持できたし、我々は順調だ。彼らのようなクラブとの勝ち点差を6にできているというのは、このリーガエスパニョーラという大会においてはポジティブなものだ。そしてチームの方針においてもね。もちろん勝利を収めたかったが、ビジャレアルはクオリティの高い守備とカウンターアタックを披露するチームだ。チームはうまくプレイすることができなかったが、勝ち点3を得ようとする志はあった。とにかく我々はビジャレアルとの勝ち点差をキープすることに成功した」

シメオネ監督の就任以降、毎年のようにチャンピオンズリーグ出場権を確保しているアトレティコは、今季も同大会を戦いながらリーガでは好調を維持。レアル・マドリードを上回る2位につけ、首位バルセロナを追っている。“負けないチーム”となったシメオネ政権の勢いはどこまで続くのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ